・ブックメーカー投資

ブックメーカーで賭ける場合、「購入した時点のオッズ」が有効になると、
前に説明しました。

そして、ブックメーカーは複数(2000を超えると言われる)存在し、
同じ賭けの対象を扱い、オッズはブックメーカーそれぞれが独自でつけています。


ここまで聞いてピンとこられた方もいらっしゃるでしょう。


そう。
ブックメーカー投資とは、複数のブックメーカーのオッズ差によって、
掛けたお金以上の払い戻し金を得る方法なのです。


例えば、ある競技のチームA対チームBの試合で、
ブックメーカー1はチームAに1.8倍のオッズをつけて、
ブックメーカー2はチームBに2.6倍のオッズをつけていたとします。


2000ドルの資金があったとして、、
ブックメーカー1でチームAに1200ドル、
ブックメーカー2でチームBに800ドル賭けたとすると・・・


チームAが勝った場合:1.8×1200=21600
チームBが勝った場合:2.6×800 =20800


いずれが勝っても、元金より上回っていますよね?


つまり、賭けた段階で、勝敗がどうなろうが利益がえらえることがわかっているのです。
勝敗の前から利益がでることがわかっている・・・このことを「アービトラージ」と言います。


そして、これを繰り返していくことにより、負けることなく利益を得ていけるのです。


ギャンブルではなく、ブックメーカーを使った「投資」と言われる所以を
わかっていただけたでしょうか。


前
・賭けの特徴
カテゴリートップ
TOP